施工管理技士の最新情報発信

各種施工管理技士の紹介をしています(建築施工管理技士、土木施工管理技士、管工事施工管理技士、電気工事施工管理技士、建設機械施工技士、造園施工管理技士)

1級 建築施工管理技士試験を受験するには受検資格が必要です

世の中には様々な資格試験があります。

その中には、受験資格のないものや受験資格が必要なもの、色々あると思います。

例えば、公害防止管理者電験の試験には受験資格はありません。誰でも受験申し込みをすれば受験し、合格すれば資格が与えられます。

では、建築施工管理技士はどうでしょうか?

f:id:kougainet:20181120111249j:plain

1級 建築施工管理技士試験を受験するには受検資格が必要!

1級建築施工管理技士は、誰でも試験を受けて合格すればなれるという資格ではありません。試験を受験するには受検資格が必要なんです。

技術士とかも、この受験資格が必要な資格ですね。

では、1級建築施工管理技士試験の受検資格とはどんなものなのでしょうか?

 

1級 建築施工管理技士試験の受検資格は?

この受検資格、結構細かいのでよく読んで理解しないとちょっと迷ってしまいそうです。

まずは、指定された学歴または資格を持っている必要があります。

そして、さらに建築施工管理に関する実務経験年数が必要(1年以上の指導監督的実務経験を含む)になります。

この2つの要件を満たしてはじめて、受検資格を持つことができるんです。

 

指定された学歴や資格で必要な実務経験年数が異なってくるので注意してください。

実務経験年数の違いは下記の表の通りです。

学歴または資格 建築施工管理に関する実務経験年数
上記実務経験年数には、1年以上の指導監督的実務経験を含む
指定学科 指定学科以外
大学
専門学校の「高度専門士
卒業後 3年以上の実務経験を有する者 卒業後 4年6ヶ月以上の実務経験を有する者
短期大学
5年制高等専門学校
専門学校の「専門士」
卒業後 5年以上の実務経験を有する者 卒業後 7年6ヶ月以上の実務経験を有する者
高等学校
専門学校の専門課程
卒業後 10年以上の実務経験を有する者 卒業後 11年6ヶ月以上の実務経験を有する者
その他(最終学歴を問わず) 15年以上の実務経験
を有する者
2級建築試験合格者 合格後5年以上の実務経験
を有する者
2級建築施工管理技術検定合格者 合格後5年以上の実務経験
を有する者
2級建築施工管理技術検定
合格後、実務経が
5年未満の者
短期大学
5年制高等専門学校
専門学校の「専門士」
卒業後 5年以上の実務経験を有する者 卒業後 9年以上の実務経験を有する者
等学校
専門学校の専門課程
卒業後 9年以上の実務経験を有する者 卒業後 10年6ヶ月以上の実務経験を有する者
その他
(最終学歴を問わず)
14年以上の実務経験
を有する者

さらに、場合によっては、主任技術者の要件を満たした後、専任の監理技術者の配置が必要な工事に配置され、監理技術者の指導を受けた2年以上の実務経験を有した場合は、実務経験が2年短縮されたりすることもあるので、建設業振興基金施工管理技術検定のホームページをよく読んでみてください。

 

指定学科って何?

受検資格の表の中に指定学科と指定学科以外とあります。

では、指定学科とは一体何なのでしょうか?

「指定学科」とは、国土交通省令で定められている学科のことを言います。

この指定学科、とても細かく分かれています。

施工管理技術検定のホームページには、この指定学科に関する詳しい表が記載されているので、自分が卒業した学校などがどこに当てはまるのか、よくチェックする必要があります。

指定学科のチェックはコチラをご覧ください。

1級建築施工管理技術検定 指定学科

 

以上のように、1級 建築施工管理技術検定には受検資格が必要です。そして、その受験資格は学歴などで少しずつ違ってくるので、施工管理技術検定のホームページをよく読んで見てください。

 

2級 建築施工管理技士試験の受験資格についてはコチラをご覧ください。

sekoukanri.hateblo.jp

【スポンサーリンク】